総武快速・横須賀線にもE235系…グリーン車にコンセントとWiFi、停電時も走行可能 2020年から順次落成

鉄道 企業動向
11両編成51本、4両編成46本の計745両が製造される計画の総武快速・横須賀線用E235系。車体は現行のE217系同様ステンレス製で、横須賀線伝統の「横須賀色」がアクセントカラーとなる。E217系では電動車がユニット方式となっているが、このE235系では1両に1台の制御装置を持つ方式に変更。故障に強い車両とするため、主要機器は2重系化されるという。
  • 11両編成51本、4両編成46本の計745両が製造される計画の総武快速・横須賀線用E235系。車体は現行のE217系同様ステンレス製で、横須賀線伝統の「横須賀色」がアクセントカラーとなる。E217系では電動車がユニット方式となっているが、このE235系では1両に1台の制御装置を持つ方式に変更。故障に強い車両とするため、主要機器は2重系化されるという。
  • 普通車とモニタリングシステムの概要。車内はオールロングシートとなり、座席幅はE217系より10mm拡大。照明はLED化される。フリースペースや防犯カメラも設置され、トイレはすべて車椅子対応の洋式に。側扉は半自動式となる。山手線用と同様にドア上や荷物棚上にデジタルサイネージが設置されるが、異常時にすべての画面を一時的に切り換えて、自列車に関する情報を表示することができる仕様となる。
  • グリーン車はE217系を踏襲した2階建て。公衆無線LANサービスが提供され、各座席にはコンセントも備える。
  • JR東日本の車両としては初搭載となる非常走行用電源装置の概要。走行中に架線からの電力を蓄電池に充電し、停電などの非常時には充電した電力でモーターを駆動させ、最寄り駅や降車しやすい箇所まで動かすことができる。
JR東日本は9月4日、総武快速・横須賀線(千葉~東京~久里浜間)などへE235系を投入すると発表した。

同車は2015年11月から山手線に投入されているが、総武快速・横須賀線などへ投入される車両は、搭載機器や線路、電力設備などの状態を常時監視するモニタリングが可能で、JR東日本の車両として初めて停電時も走行できる非常走行用電源装置を搭載する。

総武快速・横須賀線用のため、山手線用にはないグリーン車も連結されるが、JR東日本の普通列車用グリーン車としては初めて全座席に電源コンセントを設置。車内公衆無線LAN(WiFi)や液晶ディスプレイによる案内画面も備える。

2020年度から順次落成する予定となっており、総武快速・横須賀線のほか、外房線千葉~上総一ノ宮間、内房線蘇我~君津間、総武本線千葉~成東間、成田線佐倉~香取間・成田~成田空港間、鹿島線にも投入される。
《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース

特集