札幌市電に単車タイプの超低床電車 9月1日のイベントで公開へ

鉄道 行政
1100形が初公開される「2018年市電フェスティバル」の告知。右上の写真が1100形。
  • 1100形が初公開される「2018年市電フェスティバル」の告知。右上の写真が1100形。
札幌市交通局は、新型の超低床電車1100形を、9月1日に同局電車事業所(札幌市中央区)で開催する「2018市電フェスティバル」で10時30分から公開する。

同車は2013年に登場した3連接車体の超低床電車A1200形以来、5年ぶりとなる札幌市電の新型車。A1200形を単車タイプにしたもので、10月上旬から運行を開始する予定。すでに7月に搬入され、試運転が開始されている。

A1200形ではクロスシートも設置されているが、1100形はオールロングシートとし、通路幅を拡大。乗車口から降車口までの段差や傾斜をなくし、車椅子スペースを2か所設置している。

A1200形と同様、愛称名を付けることになっているが、これは事前に愛称の候補を提示して「市電フェスティバル」来場者の投票で決定。結果は当日に発表される。
《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース

  • 札幌市電のループ化事業が「国際交通安全学会賞」を受賞…歩道脇を走る方式を評価 画像 札幌市電のループ化事業が「国際交通安全学会賞」を受賞…歩道脇を走る方式を評価
  • 札幌市電、夏の折り返し運転とゆっくりループ…歩車分離式交差点のリズム 画像 札幌市電、夏の折り返し運転とゆっくりループ…歩車分離式交差点のリズム
  • 42年ぶり循環運行を開始した札幌市電…課題は長い交差点待ちか? 画像 42年ぶり循環運行を開始した札幌市電…課題は長い交差点待ちか?
  • 千歳線の改良をJR北海道の経営見直し策として検討…新千歳空港駅から苫小牧方面への延伸構想 画像 千歳線の改良をJR北海道の経営見直し策として検討…新千歳空港駅から苫小牧方面への延伸構想
  • 秋田県内の奥羽本線にSL列車、185系は川越線や青梅線、横須賀線などで運行…JR東日本秋の臨時列車 画像 秋田県内の奥羽本線にSL列車、185系は川越線や青梅線、横須賀線などで運行…JR東日本秋の臨時列車

特集

おすすめのニュース