駐車場の次はバイク練習場をシェア、第1弾は袖ケ浦フォレストレースウェイ

モーターサイクル 企業動向
袖ケ浦フォレスト・レースウェイ
  • 袖ケ浦フォレスト・レースウェイ
  • 施設内のバイク練習スペース
  • 場内マップ
  • サービス利用イメージ
駐車場シェアリングサービス「特P(とくぴー)」を運営するアース・カーは、バイク練習スペースを貸し出す新サービス「特Pバイク練習場」を8月22日より開始した。

アース・カーが2017年9月より展開する特Pは、駐車場および土地オーナーが登録した空き駐車スペースをWeb上で会員に貸し出すシェアリングサービスだ。

新たに開始した特Pバイク練習場は、駐車場以外の土地の有効活用手段として、主に郊外の広大な遊休スペースをシェアの対象としたもの。

日によって空いている大型施設等の駐車場や敷地内スペースをバイク練習場として貸し出すことで、所有オーナーは新たな土地活用につなげることができる。インターネットを介してバイクの練習スペースをシェアするサービスは業界でも初の試みとなる。

提供スペース第1弾は、袖ケ浦フォレストレースウェイ内の駐車場。約3000平米の練習スペース(全3区画)を用意する。利用グループの規模に応じ、全区画を貸し切ることもでき、二輪ショップ主催のイベントやジムカーナの練習会などにも対応する。10月末日までオープンキャンペーンを実施し、平日1日15000円/1区画(土日祝日は2万5000円/1区画)の特別料金で提供。予約から決済まではオンラインで行うことができる。

バイクの練習を行う場合は、ライディングスクール等に参加するのが一般的で、ライダーが自主的に練習できる場所はほとんどないのが現状だ。特Pバイク練習場で提供する練習スペースは、利用時間内なら自由に使えるのが特徴。スラロームやターンなど練習メニューを組んだ上でライディング技術を磨くことができる。同社では今後、特Pバイク練習場を順次拡大。多くのライダーにスキルアップのための練習の場を提供することで、事故のない楽しいバイクライフを支援していく。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

  • カーシェアを利用したことがある人は4%、ライドシェアは2.8% シェアリングサービス調査 画像 カーシェアを利用したことがある人は4%、ライドシェアは2.8% シェアリングサービス調査
  • ホンダとパナソニック、着脱式可搬バッテリーと電動二輪車によるバッテリーシェアリングの実証研究をインドネシアで開始 画像 ホンダとパナソニック、着脱式可搬バッテリーと電動二輪車によるバッテリーシェアリングの実証研究をインドネシアで開始
  • 買物だけじゃないカーシェア、旅行での利用も急上昇 タイムズ調べ 画像 買物だけじゃないカーシェア、旅行での利用も急上昇 タイムズ調べ
  • akippa、八景島シーパラダイス徒歩5分の駐車場予約を開始 駐車券不要「シェアゲート」 画像 akippa、八景島シーパラダイス徒歩5分の駐車場予約を開始 駐車券不要「シェアゲート」

特集

おすすめのニュース