レンジローバー は2ドア、人気上昇中の初代が日本に…オートモビルカウンシル2018

自動車 ビジネス 企業動向
UK CLASSIC FACTORYのブースではオリジナルの2ドアレンジローバーを展示。
  • UK CLASSIC FACTORYのブースではオリジナルの2ドアレンジローバーを展示。
  • 昨年70周年を迎えたランドローバー社。
  • ランドローバー者自身でも完全フルレストアして限定10台を販売するアナウンスが出た。
  • 今回UK CLASSIC FACTORYで紹介するのは、ランドローバー社が販売するのと同系色の個体。しかも比較的短納期での納車が可能なクルマだ。
  • こんな流れもあって最近人気が上昇中のオリジナルレンジローバー。
  • すでに今回オートモビルカウンシルに持ち込んだ車以外にも良好な個体を確保したのだそうだ。
  • デザインされすぎていないが、上品にまとめられた機能美は今も足が止まる魅力を放つ。
  • 同ブースでは、キザス株式会社が輸入するDYNAUDIO(ディナウディオ)の展示も。
オートモビルカウンシル2018で目を引いたモデルの一台に、初代ランドローバー『レンジローバー』(Land Rover Range Rover)があげられるのではないだろうか。UK CLASSIC FACTORY (UKクラシックファクトリー)ブースでも2ドアのレンジローバーが展示・販売されていた。

世界中の名だたるブランドが、自らの世界観を盛り込んだ高級オフロードモデルを市場に投入している昨今、そのオリジナルと言えばやはりレンジローバーだ。今までもファンの多いレンジローバー、車種構成の拡充が図られてきており、新たなファンの取り込みが進められている。

レンジローバーが、もともと2ドアボディから始まったことを知る人は案外少ないかもしれない。現在一般的となった4ドアモデルは、2ドアの初代レンジローバーをベースに、スイスのモンテベルディが『サファリ』というSUVを完成させ、こちらは後席へのアクセスを可能にするドアを設けた4ドアボディであり、このアイデアを取り入れてレンジローバーにも4ドアモデルが加わったという経緯がある。

乗る人のクラス分けが明確になっていた英国車。大きな城郭を代々受け継ぎ、広大な領地を要するようなユーザーが、敷地内を巡回したり、ハンティングに出かける際に乗るためのクルマ。それがレンジローバーだ。高級だがとてもパーソナルなクルマ。そんな性格が、長く2ドアをメインに作られた理由なのかもしれない。

高級SUVが流行る中、この2ドアのオリジナルレンジローバーもにわかに人気が出てきている。そんな流れを受けてUK CLASSIC FACTORYは、今回のオートモビルカウンシルでは、イギリスで買い付けてきたばかりのレンジローバーを展示した。

「昨年創立70周年を迎えたランドローバー社が、自社でフルレストアし、10台限定で販売すると発表しましたが、かなり納期に時間を要することが予想されます。ほぼ同系のカラーの個体で、すぐに納車できる点は、魅力的に感じていただけるのではないでしょうか」とUK CLASSIC FACTORYの勝見代表は話す。

またブース内では、キザス株式会社が輸入を手掛けるデンマークの高級スピーカーDYNAUDIO(ディナウディオ)の紹介も併せて行われた。
《中込健太郎》

編集部おすすめのニュース

特集