謎の「鉄仮面」がニュルを激走…このスポーツサルーンの正体は?

自動車 ニューモデル 新型車
ヒュンダイ i40 スクープ写真
  • ヒュンダイ i40 スクープ写真
  • ヒュンダイ i40 スクープ写真
  • ヒュンダイ i40 スクープ写真
  • ヒュンダイ i40 スクープ写真
  • ヒュンダイ i40 スクープ写真
  • ヒュンダイ i40 スクープ写真
  • ヒュンダイ i40 スクープ写真
  • ヒュンダイ i40 スクープ写真
フルカモフラージュされた1台の試作車が、ニュルブルクリンクに現れた。まるで鉄仮面のようなフロントマスクに厳重に隠されたテールライト…激走するこのサルーンの正体を追った。

通常、重いカモフラージュでもグリルやヘッドライト形状などからブランドを特定出来るが、その片鱗さえ見えない。カメラマンの情報によれば、これは韓国ヒュンダイのスポーツ・サルーン『i40』次世代型だという。2012年に発売された現行i40は、グローバルセダン『ソナタ』とプラットフォームを共有している。

捉えたプロトタイプは、ヒュンダイの六角グリルも見えないが、流れるようなルーフライン、キックアップされたリアバンパー、フロントフェンダーからリアフェンダーへと続く躍動的なプレスラインなどかなりスポーティなデザインを全面に出したエクステリアが予想される。またリアクォーターガラスの形状とサイズ、サイドミラーの位置は動かされていない模様だ。

ヒュンダイは2018年3月のジュネーブモーターショーで近未来サルーン、「Le Fil Rouge」(ル・フィル・ルージュ)を初公開しているが、プレスラインからもそのデザインを継承することになりそうだ。

パワートレインの詳細は不明だが、ハイブリッドやEVが設定される可能性も高い。

◆話題の新型車を最速スクープ『Spyder7』
http://spyder7.com/
《Spyder7編集部》

編集部おすすめのニュース

特集