ナビタイム、自転車・バイク用オリジナルスマートフォンホルダーを発売

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品
自転車・バイク用オリジナルスマートフォンホルダー iH-230NV-SM3
  • 自転車・バイク用オリジナルスマートフォンホルダー iH-230NV-SM3
ナビタイムジャパンは、自転車・バイク用オリジナルスマートフォンホルダー「iH-230NV-SM3」を7月26日より発売した。

ナビタイムジャパンでは、これまで自転車専用ナビアプリ「自転車NAVITIME」、バイク専用ナビアプリ「ツーリングサポーター」を提供してきたが、ユーザーがより便利にアプリを利用できるよう、ナビタイムジャパンオリジナルの自転車・バイク用スマートフォンホルダー「iH-230NV-SM3」を開発した。

新商品は、バイクやシティサイクルの細いハンドルからロードバイクの太いハンドルまで、直径22mm~35mmのハンドルサイズに対応する。スマートフォンの対応サイズは、高さ163mm、幅85mm、厚み18mmまで。左右から挟み込むサイドフックで幅や厚さに合わせて調整できる。また、落下防止用のシリコンバンドでしっかりと固定。さらに9度刻みで回転角度を調整でき、ハンドル形状や利用シーンに合わせて好みの角度で利用できる。

デザインは、ブラックをベースに、ナビタイムジャパンのコーポレートカラーであるグリーンを差し色に採用。価格(税抜)は3636円。発売記念として、先着1000台に限り、自転車NAVITIMEおよびツーリングサポーターの全機能を90日間無料で利用できるチケットを同梱する。そのほか、自転車NAVITIME365日ライセンス(通常価格2200円)とのセットモデル4900円、ツーリングサポーター365日ライセンス(通常価格3500円)とのセットモデル6000円も用意する。

今年の鈴鹿8耐=“コカ・コーラ”鈴鹿8時間耐久ロードレースが開幕、チームが揃う…
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集