仙台港のクルーズ客船向けアクセス列車、リゾート車両「みのり」で運行 9月

鉄道 企業動向
仙台港のクルーズ客船アクセス列車に使われるキハ48形「みのり」。
  • 仙台港のクルーズ客船アクセス列車に使われるキハ48形「みのり」。
  • 仙台港クルーズ客船アクセス列車のルート。赤線が仙台臨海鉄道線、青線がJR線。
JR東日本仙台支社は7月26日、仙台港(仙台市宮城野区)に寄港するクルーズ客船の旅客を輸送するアクセス列車の運行を9月に実施すると発表した。

宮城県、仙台市、仙台臨海鉄道の協力により運行されるもので、郵船クルーズが運航する客船「飛鳥II」のオプショナルツアー客が対象。運行にはリゾート車両のキハ48形「みのり」が使用される。

運行日は9月14・26日で、いずれも仙台埠頭駅(仙台市宮城野区)から陸前山王駅(宮城県多賀城市)まで仙台臨海鉄道を走行。陸前山王駅からJR線に入り、松島駅(宮城県松島町)を経由して、仙台港着となる9月14日は仙台終着、仙台港寄港となる9月26日は仙台埠頭~松島間の往復で運行される。

時刻は、9月14日が仙台埠頭10時頃発~松島11時20分頃着・15時20分頃発~仙台15時50分頃着。9月26日が仙台埠頭9時45分頃発~松島10時30分頃着・15時頃発~仙台埠頭15時45分頃着。
《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース

特集