走る試着室…日産、遠隔スタイリング支援システムの実証実験に e-NV200 を提供

自動車 テクノロジー ネット
遠隔スタイリング支援システムを搭載したe-NV200
  • 遠隔スタイリング支援システムを搭載したe-NV200
  • 遠隔スタイリング支援システムを搭載したe-NV200
  • 遠隔スタイリング支援システムを搭載したe-NV200
  • 遠隔スタイリング支援システムを搭載したe-NV200
  • 遠隔スタイリング支援システムを搭載したe-NV200
  • 遠隔スタイリング支援システムを搭載したe-NV200
日産自動車は7月23日、楽天技術研究所と会津大学が共同で実施する「遠隔スタイリング支援システム」活用に向けた実証実験に、商用電気自動車(EV)『e-NV200』を提供すると発表した。

遠隔スタイリング支援システムは、楽天技術研究所が筑波大学と立ち上げた「未来店舗デザイン研究室」の取り組みに着想を得て、同研究所内で開発。遠隔地にいるスタイリストと試着室(車体)にいる利用客をネットでつなぎ、ファッションアドバイスを行う仕組みだ。スタイリストは、音声会話アプリ経由で利用客と会話をしながらタブレットを操作。サイネージ上の利用客にデジタル化されたファッションアイテムを重ねて、スタイリング提案を行う。

今回の実証実験は、e-NV200に遠隔スタイリング支援システムを搭載して行うもので、デジタルサイネージを活用した次世代の買い物体験の検証として、同日、福島県会津若松市内にて実施する。e-NV200に遠隔スタイリング支援システムを搭載することで、人が集まる場所にどこにでも移動することができ、また、バッテリーに蓄えられた電力により、システムを長時間稼働させることが可能。さらに、停車時にもエアコンが使用できるため、利用客は快適に買い物体験を楽しむことができる。

7月26~29日に開催される「2017-2018 FIM世界耐久選手権最終戦“コカ・コーラ”鈴鹿8時間耐久ロードレース第41回大会」のみどころは…
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集