ZMP、RoboCar SUV 販売開始…自動運転プラットフォーム最新モデル

自動車 テクノロジー 安全
自動運転タクシー
  • 自動運転タクシー
  • RoboVision3 サラウンドビュー
ZMPは7月18日、自動運転プラットフォーム、RoboCarシリーズの最新モデル「RoboCar SUV」を販売開始すると発表した。

ZMPは2009年以来、自動車メーカ、部品サプライヤー、大学等に自動運転技術開発向けにコンピュータから制御可能な車両「RoboCarシリーズ」を販売してきたが、今回、自動運転技術を用いた将来のモビリティサービスの商業化へ対応する最新モデル「RoboCar SUV」を発売する。

RoboCar SUVは、従来のRoboCarシリーズの特徴はそのままに、これまでのラインアップにはないSUVタイプの車両をベースとした。RoboCar HV/PHV/MiniVan同様、車載ネットワークCANを介して、ベース車両に搭載されているセンサ情報を取得でき、ZMP独自のコントローラによってアクセル、ブレーキ、ステアリングが制御できる、研究開発向けの実験プラットフォーム車両となる。

またオプションシステムとして、最大10個のカメラを用いた「RoboVision3 サラウンドビュー」で全周囲センシングや物体検出機能の他、制御コントローラーの冗長性向上、さらに緊急ブレーキシステムの搭載など、自動運転技術の商業化を見据え、センシング機能や安全面の強化も図っている。

SUVは海外のVIP向けタクシーやハイヤーとしても人気があり、2020年に向けインバウンド客に対応したモビリティサービスのプラットフォームとして活用できる。

価格(税別)は2200万円で、12月末に出荷を開始する。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

  • 自動運転「デモは卒業し、商業化に向けて進んでいく」…ZMP谷口社長 画像 自動運転「デモは卒業し、商業化に向けて進んでいく」…ZMP谷口社長
  • ZMP×日の丸交通、自動運転タクシー公道営業の実証実験開始へ 利用客を募集 画像 ZMP×日の丸交通、自動運転タクシー公道営業の実証実験開始へ 利用客を募集
  • アストンマーティン、空飛ぶヴォランテを計画…自動運転のEV技術を搭載へ 画像 アストンマーティン、空飛ぶヴォランテを計画…自動運転のEV技術を搭載へ
  • IHI運搬機械、慶応大と自走式駐車場での自動運転に関する共同研究 画像 IHI運搬機械、慶応大と自走式駐車場での自動運転に関する共同研究

特集

おすすめのニュース