新車販売総合、ホンダ N-BOX が2年連続トップ 2018年上半期車名別

自動車 ビジネス 国内マーケット

ホンダN-BOX
  • ホンダN-BOX
日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会は、6月および2018年上半期(1~6月)の車名別新車販売台数(速報)を発表した。

●好調N-BOX、10か月連続トップ 6月

6月の車名別新車販売台数は、新型モデルが好調のホンダ『N-BOX』が、前年同月比17.2%増の2万0682台で10か月連続トップとなった。

2位は同53.6%増の1万3450台でスズキ『スペーシア』、3位は登録車トップのトヨタ『アクア』で同1.6%増の1万1638台。トップ3は前月と同じ顔ぶれとなった。

6月の車名別新車販売台数ランキング上位10車は以下の通り。[]内は前月順位、()内は前年同月比。

1位[1位]:ホンダN-BOX 2万0682台(17.2%増・10か月連続増)
2位[2位]:スズキ・スペーシア 1万3450台(53.6%増・20か月連続増)
3位[3位]:トヨタ・アクア 1万1638台(1.6%増・3か月連続増)
4位[7位]:日産ノート 1万1321台(2.4%減・8か月連続減)
5位[4位]:ダイハツ・タント 1万1147台(1.7%減・8か月連続減)
6位[5位]:ダイハツ・ムーヴ 1万0464台(10.6%減・3か月連続減)
7位[8位]:日産デイズ 1万0260台(6.2%減・5か月連続減)
8位[6位]:トヨタ・プリウス 9957台(44.5%減・19か月連続減)
9位[9位]:スズキ・ワゴンR 9500台(1.7%増・3か月ぶり増)
10位[10位]:日産セレナ 9244台(27.5%増・4か月連続増)

●軽自動車がトップ3を独占 2018年上半期

2018年上半期の車名別新車販売台数は、ホンダ『N-BOX』が前年同期比20.1%増の12万7548台を販売し、2年連続でトップとなった。

2位はスズキ『スペーシア』で同38.0%増の7万9718台、前年の10位から大きく順位を上げた。3位は同2.7%増のダイハツ『ムーヴ』がランクイン。登録者トップの日産『ノート』は同12.9%減の7万3380台で4位どまり。軽自動車勢がトップ3を独占した。

2018年上半期の新車販売台数ランキング上位10車は以下の通り。[]内は前年順位、()内は前年比。

1位[1位]:ホンダN-BOX 12万7548台(20.1%増・2年連続増)
2位[10位]:スズキ・スペーシア 7万9718台(38.0%増・2年連続増)
3位[7位]:ダイハツ・ムーヴ 7万4109台(2.7%増・2年連続増)
4位[3位]:日産ノート 7万3380台(12.9%減・2年ぶり減)
5位[4位]:ダイハツ・タント 7万1809台(10.9%減・2年連続減)
6位[6位]:日産デイズ 7万1778台(6.4%減・2年ぶり減)
7位[8位]:トヨタ・アクア 6万6144台(3.1%増・5年ぶり増)
8位[2位]:トヨタ・プリウス 6万4019台(29.8%減・2年連続減)
9位[11位]:スズキ・ワゴンR 6万1987台(8.4%増・2年連続増)
10位[13位]:日産セレナ 5万6095台(3.2%増・3年連続増)

20年ぶりに全面改良し、7月5日より販売を開始した新型ジムニー/ジムニーシエラは、半世紀…
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集