ホンダ中国販売、6.4%減の60万台 2018年上半期

自動車 ビジネス 海外マーケット
ホンダ・シビックセダン(中国仕様)
  • ホンダ・シビックセダン(中国仕様)
  • ホンダ・クライダー(中国語名:凌派)
  • ホンダ・フィット(中国仕様)
  • ホンダ・アヴァンシア
  • ホンダ・ヴェゼル(中国仕様)
  • ホンダXR-V
  • ホンダCR-V(中国仕様)
  • ホンダ・アコード(中国仕様)
ホンダの中国法人は7月3日、2018年上半期(1~6月)の中国新車販売の結果を発表した。総販売台数は60万9100台。前年同期比は6.4%減と、マイナスに転じた。

ホンダは中国において、東風汽車との合弁の東風ホンダ、広州汽車との合弁の広汽ホンダの2社を展開。2018年上半期実績は、東風ホンダが前年同期比13.4%減の27万1472台と後退。一方、広汽ホンダは33万3646台を売り上げ、前年同期比は0.9%増と微増ながら、前年実績を上回る。

広汽ホンダでは、『アコード』が7万3953台で、前年同期比は3.2%減。『クライダー』は5万1295台で、前年同期比は6.7%増と伸びた。『フィット』は前年同期比4%増の5万5571台と回復。『ヴェゼル』は、3.6%減の6万8546台と落ち込む。

東風ホンダでは、『シビック』が前年同期比4.7%増の8万6980台と牽引。ヴェゼルの東風ホンダ版、『XR-V』は、10%減の6万9105台と後退。『CR-V』は3万2728台にとどまり、前年同期比は59%減と大幅マイナス。これは、リコール(回収・無償修理)による一時的な販売停止の影響。

ホンダの2017年の中国新車販売は、144万1307台。前年比は15.5%増と、2桁増を維持した。3年連続で100万台の大台を超えるとともに、過去最高を達成している。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

  • ダイムラー、2018年の利益見通しを下方修正…中国による米国に対する報復関税の影響 画像 ダイムラー、2018年の利益見通しを下方修正…中国による米国に対する報復関税の影響
  • 中国政府、自動車の関税を7月から引き下げへ…25%を15%に 画像 中国政府、自動車の関税を7月から引き下げへ…25%を15%に
  • スズキのインド販売、過去最高…24%増の49万台 4-6月 画像 スズキのインド販売、過去最高…24%増の49万台 4-6月

特集

おすすめのニュース