ボルボカーズ、初の米国工場を開所…全車電動化戦略でPHVも生産へ

自動車 ビジネス 企業動向

ボルボカーズ初の米国工場
  • ボルボカーズ初の米国工場
  • ボルボカーズ初の米国工場
  • ボルボカーズ初の米国工場
  • ボルボカーズ初の米国工場
  • ボルボカーズ初の米国工場
  • ボルボカーズ初の米国工場
  • ボルボカーズ初の米国工場
  • ボルボカーズ初の米国工場
ボルボカーズは6月20日、米国初の工場をサウスカロライナ州チャールストンに開所した、と発表した。

米国サウスカロライナ州チャールストンの新工場は、ボルボカーズにとって、初の米国工場。工場の建設におよそ11億ドルを投資し、およそ4000名の新規雇用も創出される。

操業開始は2018年秋を予定。稼働当初は新型『S60』を生産し、組み立てられた車両は、米国および海外市場で販売される。生産能力は年間15万台。2021年からは、次世代の『XC90』の生産を行う予定。

ボルボカーズは、2019年以降に発売する全車のパワートレーンを電動化する計画。この計画に沿う形で、米国サウスカロライナ州チャールストンの新工場でもプラグインハイブリッド車(PHV)の生産を行う、としている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集