マツダ CX-8、7人乗り本革シート仕様を追加 全グレードに設定完了

自動車 ニューモデル 新型車

マツダ CX-8 XD Lパッケージ 7人乗り本革シート仕様
  • マツダ CX-8 XD Lパッケージ 7人乗り本革シート仕様
  • マツダ CX-8 XD Lパッケージ 7人乗り本革シート仕様
マツダは、昨2017年末に発売した3列シートクロスオーバーSUV『CX-8』の最上級グレード「XD Lパッケージ」に7人乗りの本革シート仕様を追加し、6月14日より販売を開始した。

累計受注比率で約4割を占める最上級機種XD Lパッケージは、これまで6人乗り仕様のみの設定だった。今回、ナッパレザーを使った本革シートなどの高い質感はそのままに、2列目にベンチシートを採用した7人乗り仕様を追加。これにより、XD Lパッケージのほか「XD」「XDプロアクティブ」、全グレードで7人乗り仕様をライナップした。

7人乗り仕様は3列目シートを畳んだ状態でも5名乗れるため、普段は3列目スペースを荷室として利用することも可能。また、2列目と3列目シートを畳んだ際に床面がほぼフラットとなるため、アウトドア用の大きな荷物などの積載にも役立つ。

CX-8 XD Lパッケージ 7人仕様の価格は、6人仕様と同じで、FFが395万8200円、AWDが419万0400円。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集