自動運転技術を活用したビジネスモデルを構築---支援するプロジェクト2件を選定 東京都

日本工営は、「自動運転技術を活用したビジネスモデル構築に関するプロジェクト」を決定した。日本工営が8日、発表した。

自動車 テクノロジー ITS
神奈川中央交通、SBドライブによる「郊外部住宅地団地での自動運転バスによる移動手段創出」
  • 神奈川中央交通、SBドライブによる「郊外部住宅地団地での自動運転バスによる移動手段創出」
  • 日の丸交通とZMPによる「都心部での自動運転タクシーによるサービス実証」
日本工営は、「自動運転技術を活用したビジネスモデル構築に関するプロジェクト」を決定した。日本工営が8日、発表した。

日本工営は、東京都が自動運転技術の実用化を加速させるため今年度から開始した、自動運転事業者や交通事業者などによる、自動運転技術とそれ以外の先端的なAI、IoT、IT技術を組み合わせたビジネスモデルプロジェクトの支援事業を受託している。

日本工営は事業プロモーターとして、自動運転技術とそれ以外の先端的なAI、IoT、IT技術を組み合わせたビジネスモデルプロジェクトを公募し、外部有識者による審査を経て、支援プロジェクトを選定した。

選定したプロジェクトは神奈川中央交通、SBドライブによる「郊外部住宅地団地での自動運転バスによる移動手段創出」と日の丸交通とZMPによる「都心部での自動運転タクシーによるサービス実証」の2件。プロジェクトの実証実験は2週間程度。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集