マツダ ボンゴなど、燃料タンクブリーザーホース不具で火災のおそれ リコール

自動車 テクノロジー 安全
マツダ・ボンゴバン(2012年)
  • マツダ・ボンゴバン(2012年)
  • 改善箇所
マツダは6月7日、『ボンゴ』などの燃料タンクブリーザーホースに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのはボンゴおよび日産『バネット』の2車種で、2012年5月25日~6月15日に製造された589台。

燃料タンクのブリーザーホースの材質が不適切なため、排気系の熱影響によりホースが劣化し、亀裂が発生することがある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、亀裂が進行し燃料が漏れ、最悪の場合、火災に至るおそれがある。

改善措置として、全車両、ブリーザーホースを対策品と交換する。

不具合は2件発生、事故は起きていない。市場からの情報により発見した。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集