米スバル、iPad ベースの後席エンタメシステムを設定…フォレスター 新型など

自動車 テクノロジー Apple

アップル「iPad」を2個セットした「SUBARU STARLINK ENTERTAINMENT ANYWHERE KIT」
  • アップル「iPad」を2個セットした「SUBARU STARLINK ENTERTAINMENT ANYWHERE KIT」
  • スバル・フォレスター
  • スバル・アセント
SUBARU(スバル)の米国法人、スバルオブアメリカは6月1日、アップル社のタブレット端末、『iPad』をベースにした後席エンターテインメントシステムを、スバル全車に設定すると発表した。

この後席エンターテインメントシステムは、「SUBARU STARLINK ENTERTAINMENT ANYWHERE KIT」と命名。9.7インチのiPadの32GB Wi-Fiモデルと、ハーマンカードン製のBluetoothヘッドフォンをそれぞれ2個セットする。

さらに、「OtterBox Defender」シリーズのiPad保護ケースも2個付帯。970ドル(約10万6000円)の価格で販売され、新型『フォレスター』や新型3列シートSUV、『アセント』など、スバル全車に適合する。

なお、スバルオブアメリカは、アセントがスバル初のWi-Fiホットスポット対応モデル。新型フォレスターがこれに続くモデルになる、としている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集