【スーパー耐久 第3戦】富士24時間レース開幕、ENDLESS GT-Rが総合ポールポジション

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

2018スーパー耐久第3戦富士
  • 2018スーパー耐久第3戦富士
  • 2018スーパー耐久第3戦富士
  • 2018スーパー耐久第3戦富士
  • 2018スーパー耐久第3戦富士
  • 2018スーパー耐久第3戦富士
  • 2018スーパー耐久第3戦富士
  • 2018スーパー耐久第3戦富士
2018年のピレリ スーパー耐久シリーズ第3戦「SUPER TEC富士24時間レース」が6月1日、富士スピードウェイで開幕。公式予選はST-XクラスのNo.3 ENDLESS GT-Rがポールポジションを獲得した。

これまでシーズン屈指の長距離レースとして開催されてきた富士SUPER TEC。今年は同サーキットとして50年ぶりに24時間レースを復活させ、3月と5月には24時間レースに向けたテストを実施し、各チームだけでなく富士スピードウェイの設備面で準備を進めてきた。

そして迎えた今週末の本番。専有走行が行われた5月31日に行われた専有走行では雨模様となってしまったが、6月1日の予選日は朝から晴天に恵まれた。

スーパー耐久の公式予選はAドライバーとBドライバーの合計タイムで争われる。その中で最高峰のST-XクラスはNo.3 ENDLESS GT-Rが速さをみせ、AドライバーのYUKE TANIGUCHI、Bドライバーの山内英輝の合計タイムで3分20秒699となり、今季初のポールポジションを獲得した。2番手にはNo.99 Y’s distraction GTNET GT-R、83 Phoenix Racing Asia R8が入った。

また参戦台数が増えているST-TCRクラスは、前回のSUGO大会からエントリーしているNo.65L&JR Mars Audi RS3 LMSが初ポールポジションを獲得。どうクラスで2連勝しランキングトップにつけているNo.97 Modulo CIVIC TCRは50kgのウェイトハンデも影響したが、その中でも2人のドライバーが好タイムを記録し、2番手につけた。3番手にはNo.98 FLORAL CIVIC TCRがつけた。

この他、1台のみのエントリーとなっているST-ZクラスはNo.51 DIAMANGO Caymanがポールポジション、ST-1クラスも直前にエントリーキャンセルのチームが発生し、No.47 D’station Porsche cupのみの参戦。クラスポールポジションを獲得している。

ST-2クラスはNo.59 DAMD MOTUL ED WRX STI、ST-3クラスはNo.68 埼玉トヨペットGreen Brave GR SPORT マークX、ST-4クラスはNo.86 TOM’S SPIRIT 86、ST-5クラスはNo.66 odula Idia MAZDA デミオ15MBが、それぞれクラスポールポジションを獲得している。
《吉田 知弘》

編集部おすすめのニュース

特集