ホンダジェットに「エリート」発表…航続17%延長

航空 テクノロジー
ホンダジェット・エリート
  • ホンダジェット・エリート
ホンダの航空機事業子会社、ホンダエアクラフトカンパニーは5月27日、スイス・ジュネーブにおいて、新型機種の『ホンダジェット・エリート』を初公開した。

ホンダジェットエリートは、小型ビジネスジェット機、『ホンダジェット』のアップグレード版。主翼上面のエンジン配置形態や自然層流翼型、自然層流ノーズ、一体成型複合材胴体などのホンダ ジェット独自開発の技術を、従来モデルから継承。さらに、複数の最新技術と装備を追加した。

その結果、従来モデルに比べて、航続距離を約17%(396km)延長。高周波のエンジンノイズ低減により客室内の静粛性を向上。アビオニクスシステムの進化により、離着陸時および飛行時の安定性や安全性などの面でも、その機能を強化した。

また、燃費効率も優れており、同等サイズの双発ビジネスジェット機よりも、温室効果ガス排出量を低減。これらにより、ホンダジェット・エリートは、クラス最高水準の最高速度、最大運用高度、上昇性能、燃費性能、静粛性、室内サイズおよび航続距離を実現した、としている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集