ヨコハマタイヤ BluEarth-A、シュコダ コディアックに新車装着

自動車 ニューモデル 新型車
ヨコハマタイヤ BluEarth-A
  • ヨコハマタイヤ BluEarth-A
  • シュコダ・コディアック
横浜ゴムは、フォルクスワーゲングループ「シュコダ」ブランドのSUV『コディアック』向け新車装着(OE)タイヤとして、OE用「BluEarth-A」の納入を2018年4月より開始したと発表した。

装着サイズは235/55R18 100Vと215/65R17 99Vの2サイズで、ロシア向けの車両に装着。シュコダブランドへの装着は2016年11月の『オクタビア』に続き2車種目となる。ベースとなった市販用BluEarth-Aは、ウェットグリップ性能をはじめとした高い運動性能と快適性を実現した低燃費タイヤ。今回納入したBluEarth-Aは、オクタビアのほか、VW『ティグアン』や『ジェッタ』にも装着されている。

コディアックおよびオクタビアのティグアン・ジェッタ向けの装着タイヤは横浜ゴムのロシア乗用車用タイヤ生産販売会社であるLLC ヨコハマR.P.Z.が生産している。横浜ゴムは2008年12月にLLC ヨコハマR.P.Z.を設立し、2011年末に日本のタイヤメーカーとして初めてロシアで乗用車用タイヤの生産を開始。現在の年間生産能力は2012年操業開始当時の2.3倍にあたる160万本に拡大している。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集