東芝、ドライバーモニター連携次世代コックピットなど紹介予定…人とくるまのテクノロジー2018

自動車 ニューモデル モーターショー
画像認識プロセッサーViscontiファミリ
  • 画像認識プロセッサーViscontiファミリ
  • パシフィコ横浜
東芝は、5月23日から25日までパシフィコ横浜で開催される「人とくるまのテクノロジー展」に出展、未来の車載ソリューションに貢献する最新システムや電子デバイスを紹介する。

東芝は、「くるまのある暮らしをもっと快適に」をコンセプトに、先進運転支援システム(ADAS)や次世代車載情報通信システム(IVI)などに向けて、画像認識プロセッサと電子ミラー表示技術を組み合わせて安心で快適な運転を支援する次世代コックピットソリューションや、自動車IoTソリューションなどの最新システム、電子デバイスまでの製品展示やデモを通して、未来の車載ソリューションの提案を行う。

ドライバーモニター連携次世代コックピットソリューションは、高精度な画像認識を高速・低消費電力で実現する画像認識プロセッサ「Visconti」によって、車両前方・周辺だけでなく、ドライバーの状態も監視。不注意や状態の変化による事故を軽減させることができる未来のコックピットとして提案する。

また、クルマの様々な箇所に使用される3相ブラシレスモータの駆動部を、同社の微細プロセスとパッケージ技術で、小型化。12V系高出力モータに対応したIPD(Intelligent power device)とパワーMOSFETを、ECU(エンジンコントロールユニット)小型化に貢献する車載モータ制御ソリューションとして提案する。

そのほか、投影位置調整の画像反射ミラーをステッピングモータで制御する車載ヘッドアップディスプレイのリファレンスモデルや、映像・音声の低遅延転送を実現する車載Ethernet AVB通信システムを紹介する。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集