ルネサスとマグナ、低価格の3Dサラウンドビューシステム開発

自動車 テクノロジー 安全

ルネサスとマグナが共同開発した低価格の3Dサラウンドビューシステムのイメージ
  • ルネサスとマグナが共同開発した低価格の3Dサラウンドビューシステムのイメージ
ルネサスは5月18日、マグナインターナショナル社と低価格の3Dサラウンドビューシステムを共同開発した、と発表した。

マグナの3D サラウンドビューシステムには、ルネサスのスマートカメラや3Dサラウンドビューに適した車載用SoCの「R-Car V3M」を採用する。

マグナの3Dサラウンドビューシステムは、駐車時や低速走行時に、ドライバーが360度パノラマビューを得られる車両カメラシステム。ドライバーは、最新のインターフェースで周囲の景色を操作することができ、オブジェクト検出により、道路上の障害をドライバーに警告する。

このシステムにより、ドライバーはリアルな360度の視界が得られる。俯瞰映像を表示するだけの既存の駐車支援システムも、大幅にアップグレードが可能になるという。

また、すぐに使用できるシステムのため、車両への組み込み時間や開発コストを最小限に抑える。これにより、自動車メーカーは3Dサラウンドビューシステムを、容易に低価格なオプションとして加えることができる、としている。

ブリヂストンは、同社が技術支援するパラアスリートの一人である、パラトライアスロンの秦由加子選手がラン…
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集