東北新幹線上野-大宮間の最高速度を130km/hへ…埼玉県内で騒音対策工事 5月下旬から

鉄道 企業動向

速度アップは埼玉県内の12km区間で実施される計画で、並行する埼京線(正式には東北本線の別線)の戸田公園~北与野間を含む箇所に防音設備の改良を図る。
  • 速度アップは埼玉県内の12km区間で実施される計画で、並行する埼京線(正式には東北本線の別線)の戸田公園~北与野間を含む箇所に防音設備の改良を図る。
JR東日本は5月16日、東北新幹線上野~大宮間のスピードアップに向けた工事に5月下旬から着手すると発表した。

同区間は1985年3月に開業しているが、沿線の騒音対策から最高速度が110km/hに制限されていた。

そこで、騒音対策などに必要な地上設備の工事に着手することになり、並行する埼京線内の戸田公園~戸田~北戸田間、南与野~与野本町間のうち、およそ2kmの範囲に吸音板を設置。

また、戸田~北戸田間、南与野~与野本町~北与野間のうち、およそ1kmの範囲にある防音壁を嵩上げする。

これにより最高速度は、埼玉県内の12km区間で最大20km/hアップした130km/hとなり、所要時間は最大で1分程度短縮されるという。工期は2年程度を予定している。
《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース

特集