座席はすべて天窓付きのグリーン席…伊豆の魅力を発信する観光列車 2020年春から運行へ

鉄道 企業動向

各車の側面上部に天窓を設けて眺望性を向上させた伊豆エリア向け新観光列車用車両E261系のイメージ。8両編成2本が新造される予定。トータルデザインはクルーズトレイン「トランスイート四季島」などを手がけた工業デザイナー・奥山清行氏が代表を務める「KEN OKUYAMA DESIGN」が担当。
  • 各車の側面上部に天窓を設けて眺望性を向上させた伊豆エリア向け新観光列車用車両E261系のイメージ。8両編成2本が新造される予定。トータルデザインはクルーズトレイン「トランスイート四季島」などを手がけた工業デザイナー・奥山清行氏が代表を務める「KEN OKUYAMA DESIGN」が担当。
  • 編成は4号車を除いてすべてがグリーン車という、伊豆方面の特急始まって以来の豪華列車となる。全席に電源コンセント、全車に大型荷物置き場とWiFiを備える。
JR東日本は5月8日、伊豆エリアへ向けた新たな観光列車を、2020年春から東京・新宿~伊豆急下田間で運行する予定であることを明らかにした。

この観光列車は特急として運行され、「E261系」と呼ばれる8両編成の新造特急型電車を2編成投入する。

E261系の車体は「伊豆の圧倒的で雄大な自然」を表現。車体色は基本カラーを「伊豆の海と空」をイメージした紺碧色とし、前面から屋根上にかけては「伊豆の砂浜が太陽の光を受けて金色に輝く様子」をイメージしたホワイト、側面は「溶岩地形である城ヶ崎海岸の黒々とした岩石」をイメージしたグレーとする。

8両編成のうち、1号車は座席配置を1+1列とした「プレミアムグリーン車」、2・3号車がグリーン個室、5~8号車が座席配置が2+1列としたグリーン車となる。また、4号車は麺料理を楽しめる「ヌードルバー」となる。定員は164人。

JR東日本ではこの新観光列車を通して「お客さまに伊豆の『本物の魅力』を体験していただくとともにこの『魅力』を世界に向けて発信する」としている。
《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース

特集