コンチネンタルの利益は9%減、先進運転支援向けセンサーは好調 2018年第1四半期決算

自動車 ビジネス 企業動向
コンチネンタルのADASのひとつ、サラウンドビューカメラ向け基板
  • コンチネンタルのADASのひとつ、サラウンドビューカメラ向け基板
タイヤをはじめ、世界有数の自動車部品サプライヤーとして知られるドイツのコンチネンタルは、2018年第1四半期(1~3月)の決算を発表した。

同社の発表によると、売上高は110億1270万ユーロ(約1兆4545億円)。前年同期の109億9900万ユーロに対して、0.1%増加した。

一方、2018年第1四半期の調整後の利益は、10億5890万ユーロ(約1400億円)。前年同期の11億6390万ユーロに対して、9%の減益となっている。

減益となった主な要因は、為替相場の影響。そんな中、オートモーティブグループは第1四半期、過去最高の前年同期比15%増の110億ユーロを受注。とくに、先進運転支援システム(ADAS)向けのセンサーが好調という。

コンチネンタル取締役会のエルマー・デゲンハート会長は、「コンチネンタルは期待通りに、堅実な成長で新しい事業年度をスタートした」と語っている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集