スバル、米国本社を移転…新本社ビルに4部門を集約

自動車 ビジネス 企業動向

スバルオブアメリカの米国ニュージャージー州の新本社ビル
  • スバルオブアメリカの米国ニュージャージー州の新本社ビル
  • スバルオブアメリカの米国ニュージャージー州の新本社ビル
  • スバルオブアメリカの米国ニュージャージー州の新本社ビル
  • スバルオブアメリカの米国ニュージャージー州の新本社ビル
  • スバルオブアメリカの米国ニュージャージー州の新本社ビル
  • スバルオブアメリカの米国ニュージャージー州の新本社ビル
  • スバルオブアメリカの米国ニュージャージー州の新本社ビル
  • スバルオブアメリカの米国ニュージャージー州の新本社ビル
SUBARU(スバル)の米国法人、スバルオブアメリカは、米国ニュージャージー州に新本社ビルを開所した。

従来、スバルオブアメリカの本社は、米国ニュージャージー州のチェリーヒルに位置。今回、この本社から約6km離れたニュージャージー州のカムデンに、新本社ビルが完成している。

今回の移転は従来、分散して立地していた営業、マーケティング、サービスなどの4部門を、同じ場所に集約するのが狙い。9年連続で販売新記録を打ち立てているスバルオブアメリカの、新たな中核拠点に位置づける。

新本社ビルは、広さが従来のおよそ2倍の2万3000平方m。550人以上の従業員が働く。今夏には、サービストレーニングセンターも設置される予定。

スバルオブアメリカのトーマスJ・ドール社長兼CEOは、「スバルオブアメリカのカムデンへの本社移転は、スバルの将来に向けた次なる章となる」と述べている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集