【スーパー耐久 第2戦】グループ2決勝、ST-4クラスはTOM’S SPIRIT 86が開幕2連勝

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ
2018スーパー耐久第2戦
  • 2018スーパー耐久第2戦
  • 2018スーパー耐久第2戦
  • 2018スーパー耐久第2戦
  • 2018スーパー耐久第2戦
  • 2018スーパー耐久第2戦
  • 2018スーパー耐久第2戦
  • 2018スーパー耐久第2戦
  • 2018スーパー耐久第2戦
2018年のピレリ スーパー耐久シリーズの第2戦が28日、宮城県のスポーツランドSUGOで開幕。グループ2の決勝レースが行われ、ST-4クラスがNo.86 TOM’S SPIRIT 86(松井孝允/坪井翔/中山雄一)、ST-5クラスはNo.67 YAMATO FIT(安井亮平/池田歩)がそれぞれ優勝を飾った。

雲ひとつない晴天に恵まれたSUGO。ST-4クラスはポールポジションを獲得した86号車が、スタートから順調に後続との差を広げ、27周目には14.5秒のリードを築いた。

しかし、途中にオイル処理のため2度のセーフティカーが導入され、この影響で86号車はリードがなくなっただけでなく、2番手に後退するが、アンカーの中山雄一が冷静なレース運びをみせ、86周目に再びトップに浮上。そのまま逃げ切って101周でトップチェッカーを受けた。2位はNo.55 Sunoasis田中建築86、3位にはNo.13 ENDLESS 86が入った。

ST-5クラスは、クラス8番手からスタートしたNo.67 YAMATO FITが、見事な追い上げを見せ初優勝を飾った。クラス2位にはNo.2 TEM221ロードスター、3位にはNo.4 THE BRIDE FITが続いた。
《吉田 知弘》

編集部おすすめのニュース

  • 【スーパー耐久 開幕戦】FK8型シビックTCRが見事デビューウィン 画像 【スーパー耐久 開幕戦】FK8型シビックTCRが見事デビューウィン
  • 【スーパー耐久 開幕戦】No. 99 Y’s distraction GTNET GT-R が開幕Vを果たす 画像 【スーパー耐久 開幕戦】No. 99 Y’s distraction GTNET GT-R が開幕Vを果たす
  • 【F1 アゼルバイジャンGP】セバスチャン・ベッテルが3戦連続ポールポジション 画像 【F1 アゼルバイジャンGP】セバスチャン・ベッテルが3戦連続ポールポジション
  • ダカール王者 増岡にとって思い出深いモデルは…三菱 デリカ 50周年 画像 ダカール王者 増岡にとって思い出深いモデルは…三菱 デリカ 50周年

特集

おすすめのニュース