丸紅、米国でEV用超急速充電器の納入開始 最大出力350kw

丸紅はフォルクスワーゲンアメリカの子会社であるElectrifyAmerica社が米国で展開する電気自動車(EV)インフラ事業プロジェクト向けにSignet社製のEV用超急速充電器を納入すると発表した。

エコカー EV
Signet社製のEV用超急速充電器
  • Signet社製のEV用超急速充電器
丸紅はフォルクスワーゲンアメリカの子会社であるElectrifyAmerica社が米国で展開する電気自動車(EV)インフラ事業プロジェクト向けにSignet社製のEV用超急速充電器を納入すると発表した。

Electrify America社は、米国のEVユーザー増加に伴い、EVインフラの構築やEVに関する教育に対し、今後10年間で20億米ドル(約2160億円)投資することなどを目的に設立。第一段階として、今後2年間で484ステーション、合計2000台以上の充電ポイントを全米で整備する計画だ。

丸紅グループおよびSignet社は、同プロジェクトにおいて340台以上の超急速充電器を納入。最大出力は350kWで、車種によっては従来の50kW充電器と比べて、7倍の速度で充電できる。ハイウェイ沿いなどのアクセスの良い場所に設置し、EVユーザーの充電時間に対する不安を軽減。また、本体と充電ポートを分離した新開発の充電器を採用することで、充電ステーションのスペースを広くし、EVユーザーが使用しやすくした。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集