AIを活用して保険金不正請求を防止 三井住友海上とあいおいニッセイ同和

自動車 ビジネス 国内マーケット
(イメージ)
  • (イメージ)
三井住友海上火災保険、あいおいニッセイ同和損害保険は、フランスのスタートアップ企業であるシフトテクノロジーの保険金不正請求検知ソリューション「フォース」を導入することで合意した。保険金システムの改修にあわせ、2019年4月以降、段階的に導入する。

保険金不正請求は日本国内でも組織的な犯行が増加しており、手口も複雑化・巧妙化している。保険金支払業務の高度化を図るため、シフトテクノロジーが持つAI(人工知能)の先進デジタル技術を活用した「フォース」を導入する。

膨大な過去の保険金支払データをAI技術によって分析することで、不正請求と相関関係の高い事故データをリアルタイムにスコア化して検知する。

また、請求に関わる当事者の隠れた関係性をネットワーク図にして可視化する機能も備えており、不正の疑いがある保険金請求を効率的に検知するほか、迅速な保険金の支払いを実現するとしている。

NECが導入をサポートし、導入にかかるプロジェクト管理はMS&ADシステムズが担当する。並行してNECが提供する最先端AI技術群「NEC the WISE」を活用した業務効率化も検討する。

『e燃費』は燃費についての意識に関するアンケートを…
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集