トヨタ 豊田社長「“トヨタらしさ”を身に付けて」…1812人迎え2018年度入社式

自動車 ビジネス 企業動向

トヨタ自動車本社(参考画像)
  • トヨタ自動車本社(参考画像)
  • トヨタ自動車 豊田章男社長(資料画像)
自動車メーカー各社の2018年度入社式が4月2日に一斉に行われ、トヨタ自動車では豊田市の本社・事務本館ホールに1812人の新入社員のほか、役員、労組・社員代表らが出席して開かれた。

同社が17年度に採用(中途採用者含む)したのは、事務138人、技術634人、業務54人、技能1449人など合計で2275人となっており、16年度の採用実績からは358人減少した。ただし、技術職については昨年度より5人多くしており、電動化など新技術の開発競争に備えている。また、生産現場の強化を狙って進めている技能職での期間従業員からの正社員登用は、17年度1年間で316人に達した。

会社を代表して挨拶した豊田章男社長は、「今はAI(人工知能)や自動運転の進化などクルマの定義が大きく変化している時代。クルマは次の100年もモビリティ社会の主役を張ることができるのか、誰にも分からないが、間違いないのは次のモビリティを担う者には『らしさ』が求められるということ」としたうえで、「トヨタらしさ」を「知恵と情熱で生み出した『トヨタ生産方式』と『原価低減』」と指摘した。

加えて、創業者の豊田喜一郎氏が設立当初から「運動部」を設置したことに言及し、「ネバー・ギブアップ」や「フォア・ザ・チーム」の精神も「トヨタらしさ」に重なると述べた。そのうえで、これらを行動の基本として「『トヨタらしさ』を身に付け、さらに皆さんの『自分らしさ』を味付けしてください」と訴えた。

結びでは、自動車産業の「変革の時代」を生き抜くため、新入社員とともにトヨタを「未来のモビリティ社会をもっと自由で、もっと楽しくするために闘うひとつのチームにしたい」と、呼び掛けた。
《池原照雄》

編集部おすすめのニュース

特集