井の頭線下北沢駅付近下り線で橋りょう架替、渋谷-明大前間で運休 5月13日

鉄道 企業動向
今回の下北沢駅付近架替工事は、下り線の長さ37mの橋りょうを架け替える。渋谷~明大前間の運休時間帯には、JR東日本、西武鉄道、小田急電鉄、東京急行電鉄、多摩都市モノレール、東京地下鉄(東京メトロ)、東京都交通局(都営地下鉄)への振替輸送を実施する。
  • 今回の下北沢駅付近架替工事は、下り線の長さ37mの橋りょうを架け替える。渋谷~明大前間の運休時間帯には、JR東日本、西武鉄道、小田急電鉄、東京急行電鉄、多摩都市モノレール、東京地下鉄(東京メトロ)、東京都交通局(都営地下鉄)への振替輸送を実施する。
京王電鉄(京王)は、5月12日終発後から翌13日9時30分頃まで、井の頭線下北沢駅付近の橋りょう架替工事を実施する。

下北沢駅付近で交差している小田急電鉄小田原線の連続立体交差事業・複々線化事業の一環として行なわれる工事で、2月17~18日には上り線の架替工事が行なわれた。

今回は下り線の架替工事が行なわれることになり、5月13日は初発から9時30分頃まで井の頭線渋谷~明大前間が全面運休となり、同区間ではバスによる代行輸送を実施。他社線への振替輸送も行なわれる。代行バスの所要時間は、渋谷駅~明大前駅間で50分程度が見込まれている。

明大前~吉祥寺間では折返し運行が行なわれるが、列車はすべて各駅停車となり、およそ10分間隔で運行される。

なお、当日の気象状況などにより工事が中止された場合は、5月19~20日に延期され、5月20日には同様の運休措置が採られる。
《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース

特集