アルファロメオの「空飛ぶ円盤」、二条城のクラシックカーイベントで特別展示 3月30日-4月2日

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント

アルファロメオ1900C52クーペ“ディスコ・ヴォランテ”
  • アルファロメオ1900C52クーペ“ディスコ・ヴォランテ”
  • アルファロメオ1900C52クーペ“ディスコ・ヴォランテ”
  • アルファロメオ1900C52クーペ“ディスコ・ヴォランテ”
  • アルファロメオ1900C52クーペ“ディスコ・ヴォランテ”
  • アルファロメオ1900C52クーペ“ディスコ・ヴォランテ”
  • アルファロメオ・ジュリア・クアドリフォリオ
  • アルファロメオ・ジュリア・クアドリフォリオ
  • アルファロメオ・ジュリア・クアドリフォリオ
FCAヘリテージ部門とアルファロメオは、3月30日から4月2日まで京都・二条城で開催されるクラシックカーイベント「コンコルソデレガンツァ京都 2018」に新旧2台の名車『1900C52クーペ』と『ジュリア・クアドリフォリオ』を特別展示する。

コンコルソデレガンツァ京都は、アーティストの木村英智氏によるイニシアチブのもと、2016年に初開催。ユネスコ世界文化遺産である京都の二条城に、世界最高峰の芸術的クラシックカーが一堂に集うイベントとして大きな成功を収め、今回が2回目の開催となる。

今回、FCAヘリテージ部門は、ミラノのアルファロメオ歴史博物館に保管されている1900C52クーぺを出展する。1900C52クーぺは“ディスコ・ヴォランテ(空飛ぶ円盤)"の愛称で知られる歴史的名車。ホイール上に突出した独特のフェンダーが低い重心の流線型フォルムとシームレスに一体化するボディは、その愛称にふさわしく、宇宙船を想起させる(先行して開発されたスパイダーボディの方が「空飛ぶ円盤」らしいが)。

コンコルソデレガンツァ京都では、カロッツェリア・トゥーリングをテーマとした特別企画のゲストカーとして登場。新型ジュリア・クアドリフォリオと合わせ、アルファロメオの過去と未来をリンクする不変性の象徴として2台が並ぶ。

『いい仕事をしてくれるからね!』と言ってもらえないと意味がありま…
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集