日産 アルティマ 新型にプロパイロット…ニューヨークモーターショー2018で発表予定

自動車 ニューモデル 新型車
日産 アルティマ 新型のティザースケッチ
  • 日産 アルティマ 新型のティザースケッチ
日産自動車の米国法人、北米日産は、米国で3月28日に開幕するニューヨークモーターショー2018で初公開予定の新型『アルティマ』(日本名:『ティアナ』に相当)に、「プロパイロット・アシスト」(日本名:「プロパイロット」)を設定すると発表した。

現行アルティマは2012年8月、米国市場に投入。日産の米国市場における主力ミドルセダンが、アルティマ。日本市場では、ティアナの車名で販売されている。

米国で3月28日に開幕するニューヨークモーターショー2018において、6世代目となる新型アルティマが初公開される予定。新型に設定される先進運転支援システム(ADAS)のひとつが、プロパイロット・アシスト。

プロパイロット・アシストは、日産インテリジェントモビリティの主要技術。車両が車線の中央にとどまるよう、ドライバーを支援。先行車と一定の距離を保ちながら車速を維持し、ストップ&ゴー機能も備えている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集