新型PHVスポーツカー SIN『R1・550』、570hpで300km/h超え…ジュネーブモーターショー2018

自動車 ニューモデル モーターショー
SIN R1・550(ジュネーブモーターショー2018)
  • SIN R1・550(ジュネーブモーターショー2018)
  • SIN R1・550(ジュネーブモーターショー2018)
  • SIN R1・550(ジュネーブモーターショー2018)
  • SIN R1・550(ジュネーブモーターショー2018)
  • SIN R1・550(ジュネーブモーターショー2018)
ブルガリアに本拠を置くSIN CARSは、ジュネーブモーターショー2018において、新型スポーツカーのSIN『R1・550』を発表した。

SIN R1・550は、プラグインハイブリッド(PHV)パワートレーンを搭載するスポーツカー。エンジンは、自然吸気の6.2リットルV型8気筒ガソリンで、最大出力450hp、最大トルク65kgmを引き出す。

このガソリンエンジンに、最大出力120hp、最大トルク24kgmのモーターを組み合わせる。その結果、SIN R1・550は、PHVシステム全体で570hpのパワーと、88.9kgmのトルクを獲得した。

動力性能は、0~100km/h加速が3.5秒、最高速が300km/h以上。バッテリーは蓄電容量12kWh。EVモードでは、最大で60kmをゼロエミッション走行できる。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集