戦時中休止の駅が復活…伊賀鉄道の「四十九」駅 3月17日開業

鉄道 企業動向

四十九駅開業記念入場券の台紙。
  • 四十九駅開業記念入場券の台紙。
  • 四十九駅開業記念入場券の中面。硬券入場券3枚がセットに。
  • 開業式のテープカット後に限定発売される補充券タイプの四十九駅開業記念乗車券。
  • 通常タイプの四十九駅開業記念乗車券。上2枚がAセット、下2枚がBセット。
  • 四十九駅開業記念キーホルダー。
三重県伊賀市の伊賀上野駅と伊賀神戸(いがかんべ)駅を結ぶ伊賀線を運営する伊賀鉄道は3月9日、新駅「四十九」(しじゅく)が3月17日に開業すると発表した。

桑町~猪田道(いだみち)間に開設されるこの駅は、地元自治会からの請願により、昨年7月に着工した。

1面1線の駅となるが、勾配上にあるため、ホームは通常より10mほど長くなり、滑走の危険性を考慮して、自動列車停止装置(ATS)の地上子も設置される。

伊賀線の前身である旧伊賀鉄道(現・伊賀鉄道が承継した近畿日本鉄道伊賀線の前身)時代の1922年7月に同名の駅が開業しているが、1945年6月に休止、1969年5月に正式に廃止となった。今回の四十九駅は、正式廃止からおよそ49年ぶりの復活となるが、新駅は旧駅から300mほど北側に位置する。

伊賀鉄道では四十九駅の開業を記念して、5時から5時40分頃まで開業式を挙行。テープカット後の5時20分頃から6時まで、開業式限定の開業記念乗車券を50枚発売する。発売額は360円。

また、開業日の10時からは、上野市駅で開業記念入場券セット(300セット・600円)、A・B2種類の記念乗車券セット(各200セット・490円)、開業記念キーホルダー(50個・500円)を発売する。
《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース

特集