ICTやAIを交通マネジメントを活用する技術を実証へ 国交省が委員会を開催

自動車 テクノロジー ITS
(イメージ)
  • (イメージ)
国土交通省は、ICT・AI(人工知能)技術を交通マネジメントに活用する技術を実証する。

国土交通省では、2017年9月7日に開催された第7回地域道路経済戦略研究会で選定された「観光交通イノベーション地域」での交通マネジメントに活用する新たなICT・AI技術の実証を実施する。今回、人・車の動向を把握する技術の公募で寄せられた技術提案について、有識者に評価してもらうことを目的に、第1回交通マネジメント新技術評価委員会を開催する。

公募した技術は人の動き(移動経路や人数、滞在時間など)を面的に把握・集約する技術や人とクルマの流動を連続的なものとして把握・集約する技術、イベント内容や気象、暦などのデータを用いて交通状況(渋滞)を予測する技術など。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集