トヨタの世界生産台数、1.6%増の73万6233台で3か月ぶりのプラス 1月

自動車 ビジネス 企業動向

トヨタの米国ケンタッキー工場で量産が開始された新型カムリ
  • トヨタの米国ケンタッキー工場で量産が開始された新型カムリ
  • トヨタ・プリウス
トヨタ自動車は2月27日、1月度の生産・国内販売・輸出実績(速報)を発表。世界生産台数は前年同月比1.6%増の73万6233台で、3か月ぶりのプラスとなった。

国内生産は同1.1%増の25万2649台で4か月連続のプラスとなった。海外生産もアジアやアフリカで増加し、同1.8%増の48万3584台。1月度新記録で3か月ぶりのプラスとなった。

国内販売は同4.3%減の11万3219台で2か月連続のマイナス。レクサスブランド車の販売は新型『LS』の発売効果もあり、同59.7%増の6448台。軽自動車の販売は同8.4%増の2384台だった。除軽市場のシェアは同0.5ポイントアップの45.5%となった。

輸出は同13.3%増の13万7501台で4か月連続のプラス。北米や中南米、欧州、アジア、中近東、アフリカに向けた輸出が増加した。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集