ポルシェジャパン、顧客データ2万8722件が流出

自動車 ビジネス 企業動向

ポルシェジャパンのWEBサイト
  • ポルシェジャパンのWEBサイト
ポルシェ ジャパンは2月26日、サーバへの不正アクセスにより、顧客の電子メールアドレス2万8722件が流出したことを確認したと発表した。

ポルシェジャパンは2月21日夜、海外サイトで第三者が同社の顧客情報を不正に取得した可能性があることを窺わせる事象が見受けられると、独ポルシェAG社から連絡を受けた。ウエブアクセスログを調査したところ、2018年1月23日から2月11日の間に複数回にわたり、第三者から当該サーバーに対する攻撃を確認したという。

流出したのは、2000年から2009年の間に、同社WEBサイトを通じてカタログ請求をした顧客および、2015年7月に同社が実施したEmail アドレスキャンペーンへ応募した顧客などの電子メールアドレス2万8722件。そのほか、氏名、郵便番号、住所、電話番号、性別、生年月日、職業、年収、所有車種なども流出した可能性がある。なお、現時点では、流出あるいはその可能性のある情報には、クレジットカードに関する情報、信用情報などは含まれていないという。

ポルシェジャパンでは今後、不正アクセスの全容および不正アクセスにより流出した顧客情報の範囲などについてさらなる調査を行い、詳細が判明次第、速やかに公表する予定だ。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集