メルセデス Cクラス 改良新型、フルデジタルコクピットも設定…ジュネーブモーターショー2018で発表へ

自動車 ニューモデル 新型車
メルセデスベンツCクラス・ステーションワゴン改良新型
  • メルセデスベンツCクラス・ステーションワゴン改良新型
  • メルセデスベンツCクラス・ステーションワゴン改良新型
  • メルセデスベンツCクラス・ステーションワゴン改良新型
  • メルセデスベンツCクラス・ステーションワゴン改良新型
  • メルセデスベンツCクラス・ステーションワゴン改良新型
  • メルセデスベンツCクラス・ステーションワゴン改良新型
  • メルセデスベンツCクラス・ステーションワゴン改良新型
メルセデスベンツは、3月にスイスで開催されるジュネーブモーターショー2018で初公開する改良新型『Cクラス』に、最新の車載コネクティビティを採用すると発表した。

改良新型Cクラスには、最新の『Sクラス』のコントロールとディスプレイのコンセプトを導入。オプションで、フルデジタルコクピットが選択できる。このフルデジタルコクピットでは、12.3インチの大型高解像度ディスプレイに、各種情報を表示する。

また、改良新型Cクラスは、タッチコントロールボタン付きのマルチファンクションステアリングホイールを装備。クルーズコントロールの「ディストロニック」の操作などが行える。

さらに、インフォテインメントシステムは、音声アシスタントの「LINGUATRONIC」で操作可能。新たに触覚フィードバック機能が付いたタッチパッドでも操作できる。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集