「GPS装置付マイカーローン」与信審査を大幅緩和…西京銀行が国内初導入

自動車 テクノロジー ITS
GPS装置付マイカーローン
  • GPS装置付マイカーローン
西京銀行は2月13日、グローバルモビリティサービス(GMS)と業務提携し、IoTデバイス「MCCS」を活用したオートローンを国内初導入すると発表した。

MCCS(Mobility-Cloud Connecting System)は、自動車の位置情報を特定するとともに、安全にエンジン遠隔起動制御を行うことができる次世代テレマティクスシステム。MCCSは、オートローンの入金滞納や指定エリアからの車両逸脱など、一定の条件に抵触すると、約1秒間で世界中の該当車両を起動できないよう制御できるという。GMSはMCCSを活用し、従来は与信審査を通過できなかった人々へオートローンを提供できるFinTechサービスモデルを構築し、フィリピンをはじめとする周辺国に提供してきた。

今回の提携により西京銀行は、GMSが提供するMCCSを活用した自動車購入希望者に向けた「GPS装置付マイカーローン」の取り扱いを全国で開始する。従来のマイカーローンと異なり、MCCSを活用してエンジン遠隔起動制御によるローン返済の促進など、与信管理業務の高度化を実現し、顧客の属性情報のみに依存しない新たな与信審査モデルを構築。これまで利用が難しかった若年層や年金受給者などを中心に、国内全域において画期的なオートローンを提供していく。

GPS装置付マイカーローンの融資金額は10万円以上200万円以内(1万円単位)で、融資利率は年12%(固定金利)。融資期間は6か月以上7年以内(1か月単位)。GMSの提携先としてMCCSを取り扱う全国の自動車販売店にて、MCCSを搭載した自動車を購入する際に利用可能となる。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集