トライアンフ スピードトリプル に最上位モデル「RS」を設定 2018年春以降に日本市場投入

モーターサイクル 新型車
トライアンフ・スピードトリプル RS
  • トライアンフ・スピードトリプル RS
  • トライアンフ・スピードトリプル RS
  • トライアンフ・スピードトリプル RS
  • トライアンフ・スピードトリプル RS
  • トライアンフ・スピードトリプル RS
  • トライアンフ・スピードトリプル RS
  • トライアンフ・スピードトリプル RS
  • トライアンフ・スピードトリプル RS
トライアンフモーターサイクルズジャパンは2月7日、スポーツネイキッド『スピードトリプル』の最上位モデル「RS」を2018年春以降に日本市場に投入すると発表した。価格は未定。

RSモデルは、100を超える新パーツを採用した水冷並列3気筒1050ccエンジンを搭載し、最高出力150ps(前モデル比+7%)、最大トルク117Nm(+4%)にパワーアップ。さらに排気効率の向上により、力強い回転と良好な吹け上がりを実現し、トライアンフの3気筒らしい特性を強化した。また、軽量タイプのArrow製スポーツサイレンサーを標準装備。磨きがかかったエキゾーストサウンドを堪能できる。

ハンドリングも3kgの軽量化(UK仕様)により向上。新設計のコンフォートシートを標準装備し、乗り心地も高めている。特徴的な片持ち式スイングアームとアルミニウム製ツインスパーフレームは前モデルを踏襲しつつ剛性を最適化し、頑丈さと乗り心地との理想バランスを追求。タイヤは「ピレリ ディアブロ スーパーコルサ」、フロントブレーキはツインディスクとブレンボ製4ピストン2パッドM4.34ラジアルモノブロックキャリパーを従来通り装備する。

また、見やすさを追求した角度調整式のフルカラー5インチTFTディスプレイなど最先端技術も数多く採用。ライドバイワイヤシステムは最大5種類のライディングモードと連動し、スロットルマップを変更することでライディングスタイルに合った設定が可能。長距離走行をアシストする新設計のクルーズコントロールも標準装備し、ヘッドライトにはデイタイムランニングライトを一体化し、視認性を高めた。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集