テーマは「走るべき、道がある。」…昭文社 ツーリングマップル2018年版 発売へ

モーターサイクル エンタメ・イベント

上段「ツーリングマップル」、下段「ツーリングマップルR」の各表紙
  • 上段「ツーリングマップル」、下段「ツーリングマップルR」の各表紙
  • 上段「ツーリングマップル」、下段「ツーリングマップルR」の各表紙
  • <ツーリングマップルマガジン[ミニ]「全力取材2018 北海道」表紙
  • 「全力取材2018 北海道」3ページ
  • 「全力取材2018 北海道」「走るべき道2018」
  • 「全力取材2018 北海道」「全力取材日誌」
  • 「全力取材2018 北海道」「インプレッション」
  • 「全力取材2018 北海道」「オバラにきけ!」
昭文社は、バイクツーリング用道路地図のロングセラー「ツーリングマップル」「ツーリングマップルR」シリーズの2018年版を3月20日より発売する。

ツーリングマップルは、ロードマップ上に道路状況や絶景ポイントなど、ライダー向け情報をきめ細やかに掲載し、オススメルートや抜け道ルートも紹介。また、タンクバッグに収納しやすいサイズや360度スムーズに折り返せる製本など、ライダーの利便性も追求し続けている。

2018年版のテーマは「走るべき、道がある。」。最新版では、付録の小冊子をパワーアップ。名称を「全力取材BOOK」から「ツーリングマップルマガジン[ミニ]全力取材2018」と改め、雑誌風にまとめた。2018年版のテーマに即して、各エリアの著者ライダーが選ぶ「走るべき道2018」、取材中のエピソードを日記風にまとめた「全力取材日誌」、取材で使用した機材、ギアについての感想を語る「ツーリング ギア インプレッション」、編集部からの小ネタを欄外に記載した「森下ネタ」、担当ライダーへの質問集「○○にきけ!」の各コーナーなどを掲載した。

展開エリアは北海道、東北、関東甲信越、中部北陸、関西、中国・四国、九州沖縄の全7エリア。価格(税別)はA5判平綴じ製本のツーリングマップルが各1800円、B5変判リング製本のツーリングマップルRが2800円。

また、発売日前日の3月19日には、昨秋にもツーリングマップルイベントを開催した渋谷の東京カルチャーカルチャーにて、「ツーリングマップル2018年版発売記念イベント(仮称)」を開催。参加者特典として発売に先駆けていち早く最新版を販売、担当ライダーのサイン会や記念撮影なども行う予定だ。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集