ヤマハ BW'S125、2018年モデル発売へ…オフロードテイストと遊び心を強調したカラーリング

モーターサイクル 新型車

ヤマハBW'S125
  • ヤマハBW'S125
  • ヤマハBW'S125
  • ヤマハBW'S125
  • ヤマハBW'S125
  • ヤマハBW'S125
  • ヤマハBW'S125
  • ヤマハBW'S125
  • ヤマハBW'S125
ヤマハ発動機は、原付二種スクーター『BW'S125』のカラーリングを変更、平成28年度国内排出ガス規制へ適合し、2月10日より発売 する。

BW'S125は、SUV感覚の遊び心溢れるボディに、最高出力9.8psを発生する124cc FIエンジンを搭載し、2016年2月に国内デビュー。幅広オフロード風ブロックタイヤを装着する個性的なクロスオーバーデザインで人気を集めている。

2018年モデルは2色設定で、オフロードテイストと遊び心をより強調したカラーリングとした。「マットチタン1(マットチタン)」は、チタンカラーとブラウンをロートーンで組み合わせることで力強さを演出し、オフロードテイストをより強調。「ビビッドイエローソリッド2(イエロー)」は、ソリッドなイエローをメインにブラックと組み合わせ、アウトドアギアを感じさせることで遊び心を強調した。

価格は32万9400円。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集