西武新宿線・拝島線でも座席指定列車を運行…3月10日に『拝島ライナー』が登場

西武鉄道(西武)は1月25日、西武新宿線・拝島線で3月10日から、有料座席指定列車『拝島ライナー』の運行を開始すると発表した。

鉄道 企業動向
40000系で平日と土休日の18~22時台に各1本が運行される『拝島ライナー』。西武新宿駅と高田馬場駅から乗車する場合は座席指定券が必要。
  • 40000系で平日と土休日の18~22時台に各1本が運行される『拝島ライナー』。西武新宿駅と高田馬場駅から乗車する場合は座席指定券が必要。
  • 40000系
  • 40000系
  • PRポスター
  • PRポスター
西武鉄道(西武)は1月25日、西武新宿線・拝島線で3月10日から、有料座席指定列車『拝島ライナー』の運行を開始すると発表した。

運行区間は西武新宿→拝島間で、1日5本を運行。小平駅(東京都小平市)までは高田馬場駅(東京都新宿区)のみに停車し、小平駅から拝島駅(東京都昭島市)までは各駅停車となる。車両は池袋線の『S-TRAIN』でおなじみの40000系が使用される。

乗車には乗車券のほかに座席指定券(大人300円・子供150円)が必要だが、各駅停車となる小平以遠の各駅間のみを乗車する場合、座席指定券は不要。なお、乗車後に座席指定券を購入した場合は、所定の200円増しとなる。

座席指定券は、2月10日から西武新宿・高田馬場・小平~拝島間の各駅で発売する。西武新宿駅と高田馬場駅では、当日分のみ、特急券券売機でも購入できる。予約は西武のインターネット予約サービス、購入はチケットレスサービスサイト「Smooz」でも可能。

運行時間は、西武新宿発18時15分~22時15分の間1時間ごと。拝島までの所要時間は平日が46~47分、土休日が43~44分で、途中の小平駅では平日が新所沢行きに、土休日が本川越行きにそれぞれ接続する。
《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース

特集