メルセデス、新車オーナー限定の車両無料貸出サービス開始…週末は特別な1台で

自動車 ビジネス 国内マーケット
シェアカー・プラス
  • シェアカー・プラス
メルセデス・ベンツ日本(MBJ)は1月19日、新車オーナー限定の車両無料貸出サービス「シェアカー・プラス」を開始した。

シェアカー・プラスは、メルセデスベンツまたはスマートの新車を2015年以降に購入したユーザーを対象に、購入後3年間無料の総合保証プログラム「メルセデス・ケア」期間中、希望のモデルを3回無料で利用できる週末貸出サービス。普段は自身の愛車で、特別な週末には最新モデルの中から選んだシェアカーでのドライブを楽しむことができる。

貸出期間は週末を含む約1週間。メルセデスベンツの会員サイト「メルセデス ミー」で申し込み、シェアカーの貸出・返却は、新車を購入したメルセデスベンツ正規販売店で行う。

なお現在、利用可能なシェアカーは全国で約3000台。MBJでは今夏の本格稼働に向けて今後さらにラインアップを拡充していく計画だ。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集