インフィニティ Qインスピレーション、次世代ターボ搭載…デトロイトモーターショー2018

自動車 ニューモデル モーターショー

インフィニティQインスピレーション・コンセプト(デトロイトモーターショー2018) (c) Getty Images
  • インフィニティQインスピレーション・コンセプト(デトロイトモーターショー2018) (c) Getty Images
  • インフィニティQインスピレーション・コンセプト(デトロイトモーターショー2018) (c) Getty Images
  • インフィニティQインスピレーション・コンセプト(デトロイトモーターショー2018) (c) Getty Images
  • インフィニティQインスピレーション・コンセプト
  • インフィニティQインスピレーション・コンセプト
  • インフィニティQインスピレーション・コンセプト
  • インフィニティQインスピレーション・コンセプト
  • インフィニティQインスピレーション・コンセプト
日産自動車の海外向け高級車ブランド、インフィニティは1月15日、米国で開幕したデトロイトモーターショー2018において、『Qインスピレーション・コンセプト』を初公開した。

Qインスピレーションは、インフィニティの将来のミドルセダンの方向性を提示したコンセプトカー。また、インフィニティの新デザイン言語を導入した最初のモデルでもある。

Qインスピレーションは、ダイナミックかつ明確で、シンプルなボディラインが特徴。クーペのようなフォルムと細長いシルエットにより、このセグメントでの新しいデザインビジョンを表現した。

インテリアは、「ヒューマンセントリック」がテーマ。無駄をなくし、クリーンかつシンプルなデザインを目指した。4名乗りの室内は、前後をフローティングコンソールが貫く設計。ホワイト仕上げのシートは、乗員のショルダー部分に新デザインを取り入れた。

また、Qインスピレーションには、次世代パワートレインの小型4気筒エンジン、「VCターボ」を搭載。VCターボエンジンは、ピストンの上死点の位置をシームレスに変化させることで圧縮比を自在に変化させ、最適なパワーと効率をもたらす新技術。ターボ付きガソリンエンジンのパワーと、ディーゼルエンジンやハイブリッドが持つ高い効率性を追求している。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集