注目のコンパクトSUV市場へ日産から提案、クロスモーション…デトロイトモーターショー2018

自動車 ニューモデル モーターショー
北米日産トップのホセ・ムニョス氏がクロスモーションを紹介した
  • 北米日産トップのホセ・ムニョス氏がクロスモーションを紹介した
  • 日産クロスモーション(デトロイトモーターショー2018)
  • 日産クロスモーション(デトロイトモーターショー2018)
  • 日産クロスモーション(デトロイトモーターショー2018)
  • 日産クロスモーション(デトロイトモーターショー2018)
  • 日産クロスモーション(デトロイトモーターショー2018)
  • 日産クロスモーション(デトロイトモーターショー2018)
  • 日産クロスモーション(デトロイトモーターショー2018)
デトロイトショー2018で、日産のコンパクトSUVコンセプト『Xmotion(クロスモーション)』がお披露目された。アメリカ市場においても、最も注目度の高いカテゴリに対する提案だ。

アメリカの街中では、コンパクトサイズからミッドサイズのSUVがとてもよく目立つ。日本車と韓国車が多いのだが、中でも韓国車のコンパクトSUVは、得意のウェッジシェイプで、流麗なスタイリングが街に映える。

ただ、そんなウェッジシェイプのコンパクトSUVが少し増えすぎたかなと感じるのも事実。そのような状況で、日産の提案するクロスモーションの、タフでボールドなスタイリングが新鮮に感じられた。

インテリアでは、日本の木材を使った組み木の質感が印象に残った。武骨でありながら清潔感を感じさせる新鮮味がある。

日産ブースではそのほか、さらにコンパクトなSUV『キックス』や、フルサイズトラックの『タイタン』、そして北米でもデビューした『リーフ』などが展示されている。
《佐藤耕一》

編集部おすすめのニュース

特集