コンチネンタル、最新の車載サーバーをCES 2018で発表

自動車 テクノロジー ネット

コンチネンタルの最新の車載サーバーのイメージ
  • コンチネンタルの最新の車載サーバーのイメージ
コンチネンタルは1月9日、米国ラスベガスで開幕したCES2018において、自動車のE/E(電気電子)アーキテクチャの基盤となる最新の車載サーバーを発表した。

自動車業界の世界的トレンドの変化にともなって、車両アーキテクチャに対する新しいアプローチが必要となっている。コンチネンタルのE/Eアーキテクチャの基盤となる最新の車載サーバーは、高性能なコンピューター。アプリケーションソフトウェア、サードパーティーのソフトウェアやサービスのためのプラットフォームになる。

コンチネンタルの車載サーバーは、ネットワーク管理者としても機能。通信インターフェースとしてのインテリジェントアンテナモジュールとともに、リモートメンテナンスや車両サイバーセキュリティ向け無線ソフトウェア更新プログラム用の中心的なアーキテクチャ要素を提供する。

コンチネンタルは、エレクトロビット(Elektrobit)社のソフトウェア管理、アルグス(Argus)社のサイバーセキュリティーソリューション分野における専門知識を活用しながら、車載サーバーの開発を強化していく。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集