『或る列車』の車内見学会を開催…通常なら乗車不可の10歳未満も参加可 1月13日

鉄道 エンタメ・イベント
『或る列車』の外観(上)と内装(下)。見学会当日は、客室乗務員からの説明も行なわれる。
  • 『或る列車』の外観(上)と内装(下)。見学会当日は、客室乗務員からの説明も行なわれる。
JR九州は1月13日、『或る列車』の車内見学会を長崎駅(長崎県長崎市)1番のりばで開催する。

『或る列車』は、2015年8月から運行を開始したJR九州の観光列車で、キハ47形を改造したキロシ47形2両編成(キロシ47 9176+キロシ47 3505)。

明治末期に私鉄の九州鉄道が発注し、同鉄道の国有化後に引き継がれたものの、日の目を見ることなく消えた、同名の伝説的豪華車両をイメージしたもので、内装にはメープル材やウォールナット材が使われ、大川組子やステンドグラスなど、職人技の意匠が散りばめられている。車内には、明治の『或る列車』の模型の一部も展示されている。

形式名には食堂車を意味する「シ」の文字が付けられ、JRの気動車としては珍しい「キロシ」となっている。これは、車内にスイーツを提供するための厨房設備が設けられているためだ。

『或る列車』は長崎~佐世保間が運行コースに入っていることもあり、今回は、日頃の出迎えや見送りなどに協力している沿線への感謝の意を込めた車内見学会が、長崎で開催されることになった。

見学時間は12時20分頃から13時20分頃まで。通常、『或る列車』には乗車できない10歳未満の子供も見学できる。
《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース

特集