自分で動く倒れないスーツケース、セグウェイがCES 2018で公開予定

自動車 テクノロジー ITS
セグウェイの公式サイト(参考画像)
  • セグウェイの公式サイト(参考画像)
セグウェイは1月4日、米国ラスベガスで1月9日に開幕するCES 2018において、短距離移動手段とサービスロボティクスの新型モデルを初公開すると発表した。

セグウェイがCES 2018で公開するのは、『i2』、『x2』、『miniLITE』、『miniPLUS』、Ninebotブランドの『miniPRO』、『One S1』、『One Z』、『E +』、『KickScooter』、『City Go』など。

さらに、ユーザーに追従するように自動で動く『セルフバランス・スーツケース』を公開予定。これは、セグウェイのコアテクノロジーが可能にしたもの。セグウェイによると、スーツケースの概念を完全に覆すという。

また、消費者向けのセグウェイの『Loomo』ロボティクスファミリーの新型モデルを展示。会場では、デモンストレーションや来場者とのマンマシン・インタラクティブ体験を実施する、としている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集