スバル米国販売は9年連続の記録更新…5.3%増の64万台 2017年

自動車 ビジネス 海外マーケット

スバル・アウトバック
  • スバル・アウトバック
  • スバルXVクロストレック
  • スバル・インプレッサ
  • スバル・フォレスター
  • スバルWRX
  • スバル・レガシィ
SUBARU(スバル)の米国法人、スバルオブアメリカは1月3日、2017年の新車販売の結果を公表した。総販売台数は、過去最高の64万7956台。前年比は5.3%増と、9年連続で前年実績を上回った。

最量販車は、『アウトバック』(日本名:『レガシィ アウトバック』)。2017年は、過去最高の18万8886台を販売。前年比は3.3%増と伸びた。一方、セダンの『レガシィ』(日本名:『レガシィB4』)は、23.7%減の4万9837台とマイナスに転じた。

スバルの米国におけるもうひとつの主力車種が、『フォレスター』。2017年実績は、17万7563台。前年比は0.6%減と、マイナスに転じている。

『クロストレック』(日本名:『XV』)は好調。2017年は、新記録となる11万0138台を販売。前年比は15.1%増と2桁増を達成した。

一方、『WRX』シリーズは、『WRX STI』を含めて、2017年は3万1358台を販売。前年比は、5.8%減と2年連続のマイナス。『インプレッサ』(「WRX」を除く)は2017年、8万6043台を販売。前年比は55.8%増と、新型効果で2年ぶりに前年実績を上回っている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集